modescape mag
モードスケープ マグ
2017年3月14日

30代はメンズファッションのターニングポイント!大人のハイブランドを取り入れよう

30代に突入すると、あまり安っぽい格好はしたくないですよね。どのファッションアイテムを取り入れればいいのか、どんなコーディネートにすればいいのか悩む人が増加します。今回はそんな悩める30代男性にピッタリな大人の魅力あふれるハイブランドとコーディネートのポイントを紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

30代の外国人男性

30代のファッションの悩みについて

「20代のときに着ていた服を着ると子供っぽくなってしまう」
「年相応の大人っぽい着こなしをしたいけれど、どうコーディネートしたらいいのか分からない」
など、30代に突入するとこういった悩みを持つ人が多くなります。

そうなんです!

30代は体型の崩れや20代に比べると顔のツヤやハリが衰えてきて、今までのファッションだとしっくりこなくなってしまうのです。今まで着ていたアイテムでコーディネートができなければ、新たなアイテムを買い足す必要があります。では、どんなアイテムを買い足せば良いのでしょうか?

30代の男性にオススメのブランドや着こなしのポイントを紹介します!

30代のファッションに取り入れたいブランド

20代は全身ファストファッションコーディネートや多少自分に似合わない服でも、若さで着こなしをカバーすることができます。
しかし、30代になるとファストファッションやお手頃価格のカジュアルブランドで全身コーディネートをすると、みすぼらしい冴えない雰囲気になってしまいます。
そんな失敗をしないためにも、コーディネートの中にハイブランドを1点投入することをオススメします。
ハイブランドといえば「高い」というイメージですが、お値段にはそれなりの意味があるので決してお高い買い物ではありません。
上質なニットを合わせるだけで表情が明るく見え、ラインの綺麗なジャケットを1枚纏うだけで上品な雰囲気を醸し出すことができるのです。

手堅い系ハイブランド派

ハイブランドとは、ルイヴィトン・ディオール・サンローラン・グッチといった老舗ラグジュアリーブランドに比べると、価格帯が(少し)手頃で、ファッション性の高いアイテムを取り扱うブランドのことをいいます。
定義が難しいですが、ベーシックなデザインを中心としつつも、流行を追ったブランドです。ラグジュアリーブランドと同じようにパリやミラノのコレクションに出展しており、海外セレブやファッショニスタが取り入れていることが多いブランドです。
素材の良さやラインの美しさが素晴らしく、デザインもシンプルなものも多いので普段のコーディネートに取り入れても悪目立ちすることがありません。バッグやシューズなどの小物で取り入れるのも良いでしょう。

フォーマルな着こなし

出典:http://i7.wimg.jp/coordinate/

オススメのメンズハイブランド3選

ハイブランドには色んなブランドがありますが、一体どのブランドをチョイスすればいいのでしょうか。
ハイブランド初心者でも普段のコーディネートに取り入れやすいブランドを紹介します。

LANVIN(ランバン)

ランバンのコレクション

出典https://www.wwdjapan.com/collection/

1889年フランスのパリでジャンヌ・ランバンによって創立されたブランドです。
アパレル以外にも香水やアクセサリーなどを展開しています。
元は帽子店から始まったランバンですが、親子服、女性用イブニングドレスなどを手がけることで本格的にレディースウェアに参入します。
1926年に紳士服部門が設立され、メンズウェアに参入します。ジャンヌ・ランバン引退後もメゾンは継続され現在に至っています。

価格帯

ジャケット:10万円台~50万円台
パンツ:6万円台~10万円台
ポロ&Tシャツ:3万円台~7万円台
シューズ:6万円台~10万円台
ネクタイ:1万円台~2万円台

特徴

パリ発のブランドなだけに洗練された優雅さが漂うアイテムが揃います。現在のデザイナーはルカ・オッセンドライバー。個性的な色使いが特徴的ですが、デザインは歴史のあるオーソドックスなものが多く日本人にも取り入れやすいでしょう。ランバンといえばオーダースーツと言われるほど高級な生地を扱うブランドとしても有名です。生地やデザイン性、着心地にも定評があるブランドです。

LANVINの買取強化中!

MODESCAPEは「LANVIN」の買取を強化しています。ジャケットやコート、トップス、ボトムス、バッグ、シューズ、アクセサリーなど、まずは無料で査定いたします。くわしくはこちら。

 

BRUNELLO CUCINELLI(ブルネロ・クチネリ)

ブルネロクチレリのコレクション

出典:https://www.fashion-press.net/img/

1978年に実業家のブルネロ・クチネリによって創立されたニットウェア中心のブランドです。

ニットの他にシャツやポロシャツなども取り扱っています。イタリアのソロメオ村にある古城を本社とし、村の住人を雇用し村の経済活性化に貢献しています。日本では2003年に伊藤忠商事が独占輸入販売契約を締結し、旗艦店や百貨店、セレクトショップなどで取り扱いがあります。

価格帯

ニット:8万円台~19万円台
トップス:3万円台~7万円台
パンツ:6万円台~10万円台
アウター:20万円台~70万円台

特徴

ブルネロ・クチネリは、100%カシミアを使用した最高級のカシミアニット製品が大変人気なブランドです。
イタリアの伝統的な作り方を取り入れた色使いの鮮やかなニットウェアは、いつかは着てみたい憧れのアイテムとしてファッション誌でも頻繁に取り上げられています。ブルネロ・クチネリには上質な素材と最高の着心地、イタリアブランドらしい大人の余裕が漂うシンプルなアイテムが数多く揃っています。

BURBERRY PRORSUM(バーバリー・プローサム)

バーバリーメンズコレクション

出典:https://www.wwdjapan.com/collection/

1856年に創立されたバーバリーはロンドンを代表する老舗ブランドです。ギャバジンという耐久性・耐水性に優れた素材を発明し、1888年に特許を取得。1914年第一次世界大戦時にバーバリーの代名詞でもあるトレンチコートを製造し、終戦後に市民にまで広まります。そんなバーバリーが、価値・クオリティともに最上級の本格的なラインとして進出したのがバーバリー・プローサムです。
2016年秋冬シーズンより、プローサム・ロンドン・ブリットなどのレーベルが統合され「バーバリー」として展開されるので、ますます目が離せません。

価格帯

トレンチコート:20万円台~30万円台
シャツ:6万円台~10万円台
ネクタイ:3万円台~4万円台
ポロ&Tシャツ:4万円台~8万円台

特徴

バーバリーの伝統にモード性を加えつつも、モダンでファッション性を重視した商品展開を行っています。プローサムの製造は殆どがイタリア製で、タイトなシルエットが特徴的です。品質が非常に良く手入れさえ丁寧に行えば末永く着用することができる一生モノのアイテムが揃っています。

BURBERRYの買取強化中!

MODESCAPEは「BURBERRY」の買取を強化しています。ジャケットやコート、トップス、ボトムス、バッグ、シューズ、アクセサリーなど、まずは無料で査定いたします。くわしくはこちら。

攻める系デザイナーズブランド派

殆どの老舗一流メゾンやハイブランドでは、デザイナーがデザインを行っています。それなのにどうしてハイブランドとは別に、デザイナーズブランドという区分があるのでしょうか。
デザイナーズブランドは、デザイナーのこだわりや抱くイメージが強く反映されており、デザイナーを前面に押し出しています。また、企画から生産に至るまでデザイナーが主導的に関わり、デザイナー自身が経営権を持つこともあります。
デザイナーズブランドのデザインは個性豊かなものが多いです。デザイナーの世界観や独特のデザイン性を好む人たちは、全身をデザイナーズブランドでコーディネートします。しかし、これからデザイナーズブランドを取り入れたいと考えている人にとって、ハイセンスな世界観を全身に取り入れるのはレベルが高いといえます。

とはいえ、敬遠する必要はありません。

シンプルでベーシックなコーディネートに物足りなさを感じるのであれば、1点デザイナーズブランドのアイテムを取り入れると雰囲気がガラッと変わります。普段のコーディネートにデザイナーズブランドをプラスすることで、遊び心溢れる大人のファッションを楽しむことができるのがデザイナーズブランドです。

スーツを着た男性

出典:http://i7.wimg.jp/coordinate/

オススメのメンズデザイナーズブランド3選

Thom Brone(トム・ブラウン)

トムブラウンのグレージャケット

出典:https://www.wwdjapan.com/

2001年にデザイナーのトム・ブラウンが創設したブランド。スーツ・ネクタイ・ニット・アクセサリーなどメンズアイテムを中心に展開しています。2004年にニューヨークコレクションのプレタプルテに初参加。これを機にトム・ブラウンは一気にブレイクします。2013年に東京の青山に店舗を出店し、日本での知名度も広く知れ渡るようになった注目のブランドです。

価格帯

シャツ:2万円台~3万円台
ネクタイ:2万円台
スーツ:25万円~
アイウェア:5万円台~10万円台
シューズ:8万円台~19万円台
レザーグッズ:3万円台~50万円代

特徴

トム・ブラウンが「スーツはユニフォーム」と語るように、トム・ブラウンのデザインは50年代~60年代のアメリカントラディショナルに影響を受けています。フォーマル感のあるシンプルな服が多いトム・ブラウンですが、実はさまざまなこだわりが詰まっています。今ではポピュラーになったメンズのダブル仕上げクロップドパンツスタイルはトム・ブラウンが発信源だといわれています。

Thom Browneの買取強化中!

MODESCAPEは「Thom Browne」の買取を強化しています。ジャケットやコート、トップス、ボトムス、バッグ、シューズ、アクセサリーなど、まずは無料で査定いたします。くわしくはこちら。

COMME des GARÇONS HOMME(コムデギャルソン・オム)

コムデギャルソンのスタイル

出典:https://www.fashion-press.net/

1969年に川久保玲がコムデギャルソンを設立。メンズラインのコムデギャルソン・オムは1978年よりスタート。創設当時は川久保玲が、2004年春夏から現在に至るまで渡辺淳弥がデザインを担当している。イメージは、流行を意識しつつ時代性を感じさせない男の服。キーワードは「GOOD SENSE GOOD QUALITY」である。同社社長は川久保玲、副社長は渡辺淳弥が務めており、デザイナーが経営権を持つブランドです。

価格帯

シャツ:4万円前後
Tシャツ:2万円前後
パンツ:3万円前後
ジャケット:8万円前後
コート:10万円台

特徴

素材から縫製に至るまで全てを日本製にこだわり、品質の高さ、ものづくりに対する姿勢にこだわり続けているコムデギャルソン。そんなコムデギャルソンの中でもオムは比較的落ち着いたデザインが多いのが特徴で、着る人の持ち味が生かされるデザインを基調としています。独特のジャケットスタイルやブランドアイコンであるシワ加工のシャツは、意外にもコーディネートに取り入れやすく初心者にもオススメです。

コムデギャルソンの買取強化中!

モードスケープでは「Comme des Garçons」の買取を強化しています。ジャケットやコート、トップス、ボトムス、バッグ、シューズ、アクセサリーなど、まずは無料で査定いたします。くわしくはこちら。

UNDERCOVER(アンダーカバー)

アンダーカヴァーの着こなし

出典:https://www.wwdjapan.com/

1989年文化服装学院に入学、同学院在学中に高橋盾と一之瀬弘法がアンダーカバーを立ち上げます。1994年に東京コレクションに初参加、同年9月に有限会社アンダーカバーを設立、2000年1月に株式会社化。2003年SSよりパリコレクションに初参加、以降毎年パリコレクションに参加しています。
パリでは異端児と呼ばれているデザイナー高橋盾氏が手がける、世界が認める日本のカリスマブランド。カルト的な人気を誇り、独自の地位を築いています。

価格帯

Tシャツ:1万円前後~
トップス:3万円台~5万円台
パンツ:4万円台~10万円台

特徴

デザイナーの高橋盾自身がセックスピストルズをはじめとしたパンクの影響を受けていると語っていますが、一部そういったテイストを感じるアイテムはあるものの、アンダーカバーはパンクテイストのファッションではありません。高橋盾は「アンダーカバーはストリートとモードの間にあるファッション」だと語っており、「今までの世界にないものを創りたい」といったコンセプトを持っています。特徴として挙げられるのは、独自の色使いやプリント柄が使われていること、テーマに合わせた最適な手法を用いていることです。

UNDERCOVERの買取強化中!

モードスケープでは「UNDERCOVER」の買取を強化しています。ジャケットやコート、トップス、ボトムス、バッグ、シューズ、アクセサリーなど、まずは無料で査定いたします。くわしくはこちら。

30代のファッションで気をつけるべきポイント

清潔感

若い頃ならダメージの激しいデニムや着倒したTシャツもオシャレに決まりましたが、30代になるとこういったアイテムは清潔感が損なわれ、下手をすると頑張って若作りをしているオジサンに見えてしまいます。そこでオススメなのがジャケットやシャツといったアイテムです。これらのアイテムを取り入れるだけで、清潔感のある大人のコーディネートが簡単に完成します。まずは清潔感のあるアイテムを取り入れることから始めましょう。

清潔感のあるファッション

出典:http://i7.wimg.jp/coordinate/ut0jwh/

サイズ感

30代に入ると体型が崩れてくる人も多く、洋服を選ぶ際のサイズ選びが重要になってきます。脂肪がついてきた体型に、大人っぽいからと細身のジャケットやパンツを無理やり着用してしまうと、せっかくの洋服のデザインが台無しになってしまいます。だからといって、上下ともにゆるいアイテムを取り入れるとだらしない印象になります。体の気になる部分をカバーしつつも、スタイルがよく見えるアイテムを徹底的に探すことがポイントです。気になるアイテムは必ず試着をしてサイズ感を確認してください。

カジュアルにしすぎない

デニムやパーカー、スニーカーなどカジュアルなファッションアイテムもたくさんありますが、全身カジュアルアイテムでコーディネートしてしまうと子供っぽく見えてしまいます。デニムを履きたいときは、トップスにジャケットを羽織ったり、スニーカーではなくレザーシューズを合わせたりしてカジャアル感を軽減させましょう。それだけで子供っぽさが抜け、グッと大人の雰囲気になります。

フォーマルを取り入れた着こなし

出典:http://i7.wimg.jp/coordinate/kuc2rn/

落ち着いた配色

ファッションアイテムには色んなカラーがありますが、30代のファッションは落ち着いたカラーを取り入れることがポイントです。モノトーンカラーを中心にネイビーやベージュ系の色味をセレクトすれば、落ち着いた大人の雰囲気を演出してくれます。逆にビビッドカラーや派手な柄物でまとめたコーディネートは幼い印象になります。色物もパステルカラーのような淡い色を差し色にする程度なら落ち着いて見えるのでオススメです。

落ち着いた色を取り入れたファッション

出典:http://i7.wimg.jp/coordinate/ytmeif/

まとめ

30代に入ると今まで着ていたファッションのテイストが似合わなくなったり、もう少し大人っぽい上品なコーディネートを検討し始めたりと、ファッションのターニングポイントを迎えます。
そんな悩みを解決してくれるのが、クラス感のあるハイブランドのアイテムたちです。
今回はハイブランドを取り入れるのが初めての人でも取り入れやすいブランドから、少し癖はありますがオシャレに決まるデザイナーズブランドまで、幅広く紹介しました。
これらのブランドを参考に、30代のファッションで気をつけるポイントを押さえながらコーディネートを試してみてください。
きっと今まで以上に満足出来るコーディネートを実現することができるはずです。

 

ブランド服 買取 モードスケープ

モードスケープは、ブランド服の買取に特化した買取店です。

「アイテムの価値がわかるお店に買い取ってほしい」
「とりあえず値段が知りたい」
私たちがそのご要望にお応えいたします。
モードスケープではブランド品・洋服の買取・無料査定を行っています。
使っていない・売却を検討しているというブランド服があれば、ぜひ当社へご相談ください。

この記事を見ている人は他にこんな記事もおすすめです。

ブランドセレクトにこだわるモードスケープなら、あなたのお気に入りもきっと見つかる。ご不要なアイテムの買取もお任せください

「MODESCAPE Mag」はブランド古着・服の高額買取サイトMODESCAPEが運営するファッションに関するトレンド情報発信を行うマガジンサイトです。

モードスケープでは記事を作成いただけるライターを募集しています。詳しくはこちらよりお問い合わせください。

初めてのご利用なら査定金額が20%