ブランド古着買取/販売のMODESCAPE
買取相談ダイヤル
0120-298-781
買取お申込
オンライン
買取受付中

1LDK

1LDK 取り扱いブランドの買い取りなら、業界トップクラスの高額買取を目指すモードスケープにお任せ下さい!

 

今や、日本のファッショニスタにとって欠かせないセレクトショップとなった1LDK。

一貫したバイイングのコンセプトや、店内の居心地良さ、スタッフの哲学などに共感する人々が増え続け、
中目黒の小さな、間取り”1LDK”のショップから始まったこのセレクトショップは、今では日本を飛び出し、パリやソウルにまで店舗を増やしています。

出展:https://superfuture.com/

1LDKで取り扱われるブランドは、当店モードスケープにとって売れ筋商品。

そのため、買取額も必然的に高騰し、買取にお持ち込みいただくお客様の数は年々増えています。

1LDKによく行かれる方、取り扱いブランドのファンの方は、ご不要なアイテムがありましたらぜひ一度モードスケープの見積もりをご利用ください。

きっと、次のシーズンに向けて新しく洋服を買う資金のお手伝い、クローゼットの整理などの面から、あなたのブランドファッションのサイクルに貢献いたします。

※1LDK取り扱いブランドのお買い取り依頼はコチラ

 

中目黒のオシャレ化に拍車をかけたセレクトショップ

1LDKがオープンしたのは2008年。最初の店舗を置くのに選んだ場所は、中目黒でした。

中目黒と言えば、おしゃれな街のイメージが定着し、住みたい街ランキングでも上位の常連となりましたが、20年ぐらい前までは特に特徴のない住宅街。
それが今のようなイメージに変わりつつあったのが2008年頃です。

もともと渋谷や代官山、目黒へのアクセスが良かったことから、多くのアパレル関係者やスタイリストやフォトグラファー、またモデルやタレントが多く住んでおり、
そうした人々を当て込んだショップが増えていた時期でした。

そんな時期に中目黒への出店を検討していた1LDK関係者は、渋谷や原宿に比べて「まだ面白いことができる余地が残っている」と感じたそう。

それから10年足らずを経て、中目黒のおしゃれな街としてのイメージはすっかり盤石のものとなりましたが、
”1LDKのお膝元”という点が、そのイメージの形成に与えた影響は小さくないでしょう。

 

コンセプトは”普通”

1LDKの名物ディレクター南貴之氏は、1LDKのバイイングについて、普遍的に長く愛せるものを置く、ということを意識していると多くのインタビューで語っています。

この普遍的とか、普通というコンセプトですが、
2012年ごろに雑誌「ポパイ」がシティーボーイ路線にリニューアルして以降、ファッションにおいて有力な選択肢になりました。

しかし、1LDKがオープンした2008年だと、05年頃に大ブームを巻き起こしたディオールオムやスキニーデニムの影響がまだまだ残っていた時期。

当然売れていたのは、ミニマルかつアーティスティックなモード路線、或いはもはや死語となったお兄系の服でした。

そんな時代にあってベーシックで普遍性の高い(裏を返せば個性の強くない)ブランドをセレクトするショップをオープンした慧眼には頭が下がります。

 

UNIVERSAL PRODUCTS × THOMAS MASON ”BIG LONG SLEEVE SHIRTS” #UNIVERSALPRODUCTS #THOMASMASON #1LDK #1LDKDEPOT

1LDKさん(@1ldk_shop)がシェアした投稿 –

1LDKはオープンして3年ほどで業界でも一目置かれる存在として知られるようになりましたが、来年でオープンから10年、
10年もあればトレンドは様々に変遷しますが、1LDKの人気は、衰えるどころか拡大の一途。

普遍性をベースにしたコンセプトは、トレンドに左右されにくいこともあるでしょうし、
そういうブレないブランド選びが巧みなのでしょう。

また、所謂大手資本ではないセレクトショップとしては珍しく、海外や地方都市にも出店しています。

 

1LDKがセレクトしたから流行ったと言っても過言ではないブランドたち

1LDKは、まだ日の目を浴びていないブランドや、出来たての新ブランドをセレクトするのが得意で、数々のブランドをブレイクさせてきました。

 

UNUSED/アンユーズド

アンユーズドの創設は2004年。

【モードスケープ楽天市場店:UNUSED アンユーズド 17SS パイピングディアスキンレザージャケット ブラック 1】

ベーシックなアイテムにヴィンテージウェアのエッセンスを注入し、万人ウケしながらも、どこかひねたオリジナリティを持つ洋服をリリースするブランドですが、
デザイナーはメディアに顔を出さず、名前も非公表というちょっとミステリアスな一面もあります。

1LDKは早期から目をつけ、都内で初の取り扱いショップとなり、今やアンユーズドは日本を代表するドメスティックブランドになりました。

 

niuhans/ニュアンス

デザイナー、濱田大輔が2010年にスタートしたブランド。

【モードスケープ楽天市場店:niuhans ニュアンス 14SS 1LDK別注ジップアップデニムブルゾン インディゴ 3】

シンプルかつクリーンな、”変わらないもの”というコンセプトに則ったアイテムを展開しています。

こちらも、当初は1LDKのみの取り扱いでしたが、ここ数年で支持者が増えている印象があります。

 

このように、1LDKで初めて取扱があり、そこから有名になっていったブランドは少なくありません。

しかし、上記した両ブランドも、その他の取り扱いブランドも、
もちろ強いブランドイメージを持っていて似通ってはいませんが、どこか、通底するものがある感じがするというのは1LDKのセレクトが一貫しているからでしょうか。

 

1LDK取り扱いブランドを強化買取しています

モードスケープは、今日本で最も注目すべきセレクトショップ”1LDK”の取り扱いブランド、オリジナルブランドを買取強化しています。

【主な取扱ブランド】

ALLEGE/アレッジ、AURALEE/オーラリー、CLASS/クラス、COMOLI/コモリ、DIGAWEL/ディガウェル、

Hender Scheme/エンダースキーマ、niuhans/ニュアンス、ORPHIC/オルフィック、Scye/サイ、SUNSEA/サンシー、

TEATORA/テアトラ、THE RERACS/ザ リラクス、UNUSED/アンユーズド、URU/ウル、YAECA/ヤエカ

UNIVERSAL PRODUCTS/ユニバーサルプロダクツ

 

1LDKによく行かれる方、取り扱いブランドのファンの方は、ご不要なアイテムがありましたらぜひ一度モードスケープの見積もりをご利用ください。

きっと、次のシーズンに向けて新しく洋服を買う資金のお手伝い、クローゼットの整理などの面から、あなたのブランドファッションのサイクルに貢献いたします。

※1LDK取り扱いブランドのお買い取り依頼はコチラ

 

最新の買取実績(2017年10月24日時点)

買取実績は登録されていません。

1LDK買取のポイント

新品の買取り額が高いのは当然ですが、 そうでない小物も以下のポイントを押さえると査定額が上がります!

ポイントはお手入れ

いくら流行の品やブランド品であっても、汚れていると査定額は下がってしまいます。1LDKのアイテムでも買取りにおいて、見た目はとても大切なポイントです。

今期物&近年の商品、有名芸能人やモデル着用の衣類、雑誌掲載の注目商品

購入してから、早ければ早いほど査定額が高くなります。現在流行っている・有名人が身に着けているなど、人気のアイテムやブランドは、 もちろん買い取り価格も高くなります。

箱等の付属品が揃っている

上記のほか、保証書・証明書、バッグの場合は保管用の布袋など… 付属品があることも査定アップの重要ポイントです。

1LDKの買取お見積りはこちらから







携帯キャリアメールアドレスをご入力される場合は、事前に「@modescape.com」のメールを受信できるように設定してください










携帯キャリアメールアドレスをご入力される場合は、事前に「@modescape.com」のメールを受信できるように設定してください













閉じる

買取のご相談は、電話・
メール・ご来店で受付しています。

お電話でのご相談

0120-298-781

メールでのご相談

フォームでの買取お申込
閉じる