ブランド古着買取/販売のMODESCAPE
買取相談ダイヤル
0120-298-781
買取お申込
いますぐ
かんたん
見積!

MONCLER

MONCLER / モンクレールの買い取りなら業界トップクラスの高額買取を目指すモードスケープにお任せ下さい!

世界で最も有名なダウンジャケットのブランドといえば、MONCLER(モンクレール)。

各国のセレブが愛用し、ここ日本でも、あの鳥(オンドリ=フランスの国鳥)のマークがついたワッペンを全国の都市で頻繁に見かけるほど愛されています。
モードスケープでも、買取実績と販売実績で、トップクラスに取り扱いの多いブランドです。着なくてってしまったアイテムや、次のモデルを買うという方は、ぜひ買取のお声掛けを。

※全国から着払いでご利用いただける宅配買取はコチラ

1240001006049_1-2

 

防寒に特化しがちなダウンジャケットですが、モンクレールは品質・ファッション性の両面を高次元で兼ね備えたアイテムを豊富にリリースしています。
カジュアルにも上品にも振れるデザインのバリエーションが魅力のこのブランドですが、そうのような豊富なアイテムが生まれた背景には、
長い歴史とアウトドアフィールドでの経験という裏付けがあるのです。

 

歴史

モンクレールは、フランス・グルノーブルで発祥し、現在はイタリア・ミラノに本社を構えています。

1952年、グルノーブル郊外の小さな村で設立された当時は、アウトドアアクティビティに用いる、実用的なジャケット、テント、シェラフ(寝袋)などを制作していました。
所謂アウトドアブランドとしてスタートしたモンクレールですが、設立地のグルノーブルは、冬場は気温は0℃以下、冬季五輪の開催地となるほど雪も多い地域でした。
そんな中、工場の従業員は冬の作業の寒さを凌ぐ目的で、シェラフから手足を出せるように改造したものを着用していたとか。この改造シェラフから着想を得て、
自社のダウンジャケットを開発したという説があるから驚きです。

 アウトドアギアとしての認知が高まったころ、更なる品質向上を目指して、フランス人で初めてヒマラヤ登頂を成し遂げた登山家をアドバイザーに迎え入れます。
研究開発の結果、難峰制覇を目指す数々の登山隊にギアを提供して大絶賛を受け、世界的な評価を高めていきます。

1968年にはグルノーブルで冬季オリンピックが開催され、モンクレールはフランスナショナルチームのスポンサーとなり、
代表選手たちがダウンジャケットを着用する様子が世間の知られるところとなります。

 あくまでアウトドアウェアとして人気だったモンクレールですが、その品質の高さや保温性が受けて、1980年代にはセレクトショップで盛んに取り扱われるようになりました。
アウトドアウェアらしいクラシックなルックスも、装飾性を廃したモードな服と相性が良かったのかもしれません。特にイタリアでの人気は凄まじく、
現在も売上の約半分はイタリア国内での売上によるものだとか。

それ以降はご存知の通り、タウンユースを前提とした高級志向のダウンジャケットと言えばモンクレールというほどに世界的な人気となりました。

 

高品質のワケ

モンクレールのダウンジャケットは、その種類こそ大変豊富ですが、基本的に大量生産できません。なぜならコストを厭わず品質管理を徹底しているから。

ダウンの素材に高級素材とされるグースダウンを使用していることは有名ですが、
フランス規格協会(=世界的に権威のあるISO認証などを行う組織)の最高評価であるキャトル・フロコンという認定を受けた、高級なグースダウンの中でも軽く、
選び抜かれたものがモンクレールのダウンには使われています。

そうした最高品質の素材を、ジャケットのキルティングの各部に適量なグラム数を緻密に守って封入しているため、
包み込みような温かい着心地とごく軽い着用感を実現しているのです。

こうしたことを踏まえれば、最高品質に見合った高価格ということでしょうか。

 

高級路線化とコラボレーション

90年代後半からは品質だけでなく、ブランドイメージを高級路線化していきます。
00年代以降はBALENCIAGA(バレンシアガ)やTHOM BROWN(トム・ブラウン)などのハイエンドブランドのほか、
JUNYA WATANABE(ジュンヤワタナベ)、WHITE MOUNTAINEERING(ホワイトマウンテニアリング)、
VISVIM(ヴィズヴィム)といったドメスティックブランドとのコラボを展開。

そして2016年、今最も勢いがあるラグジュアリーストリートブランド、OFF-WHITE(オフホワイト)とのコラボライン、MONCRELO(モンクレール オー)を発表しました。

moncler-o_digitalcatalogue_2-4

 

半世紀以上もの長い歴史を持ちながらも、時代の空気を敏感に感じ取り、常に他とは違うダウンジャケットを始めとしたアイテムの新しいあり方を示して来ました。

 

氾濫するコピー商品

モンクレールのダウンジャケットは、アパレル界でも最もコピー商品・偽物の多いアイテムの一つとして知られています。

もちろんブランドとしても様々な対策を講じていますが、コピー品業界も日進月歩しており、イタチごっこの様相。
直営店、或いは、代理店から直接仕入れている信頼のおけるセレクトショップ以外から購入しないのが最も安全ですが、そうは言っても高級品。
少しでも安く手に入るなら嬉しいものです。
モードスケープもリユースショップという業態上、ブランドコピー品には断固反対ですが、本物は今後もたくさん買い取りさせて頂き、また販売したいところ。

そこでモンクレールを手に入れたい方に、偽物を避けるためのアドバイスを少しだけお伝いえしようと思います。

 

1,上記の通り、直営店や信頼できるセレクトショップ以外で購入しない。
モードスケープとしては自らの販売を否定することですので身も蓋もありませんが(笑)、100%排除できるのはこの方法だけ。

2,内タグのシリアルコードを確認する。
内タグ(品質タグ)記載のシリアルコードは「code.moncler.com」というモンクレールの公式サイトで認証できます。

3,各所ディテールをチェック。
偽物はコミックタグの隅が角張っているものがありますが、本物は面取りして丸みを帯びています。ほかにもワッペンの刺繍がいびつだったり、下地の色が真っ白なのも怪しい。
本物は刺繍がきれいなのはもちろん、下地の色は乳白色のような若干黄味がかった色です。

 

4,素材感・手触りなど

上記3,とは相反しますが、ディティールや付属品は違いの出やすいところでありながら、
逆に言えばそこをコピーすることにこだわれれば違いがあると思っている人の目は欺けるということです。
では他にはどこで見分けるかというと、それは表地やファーなどの素材感や手触りです。

コピーを作る最大の理由は「安く作った服でもブランドネームを使えば高く売れるから」ということです。
ということは素材や縫製に本物と同じだけのコストを掛けたら本末転倒、自ずと素材・手触りは安っぽいものが作られます。

ダウンジャケットなら羽根の抜けはつきものですが、モンクレールのダウンは抜けが最小限に抑えられるように作られています。
そのため、他の廉価なブランドのダウンのように抜けてしまう場合はまず怪しい。
また、偽物は高品質のグースダウンは使用していないでしょうから、手で潰したときの跳ね返りがとてもひ弱でペラペラした感じのものが多いです。

 

このように本物と偽物では当然差があり、経験のある人が見れば判別できます。
しかし、「これらの違いがあれば偽物」、「ここが同じだったから本物」という公式な基準はありませんので、あくまで状況証拠のような形でしか判別できません。
また、冒頭でも述べたように、コピー技術も日々進化していて、本物と全く差がない品質のものも、いつ出てくるかという状況です。

 

それでも魅力的なモンクレール

コピー品は積極的に排除していかなければなりませんが、これだけコピー品が横行しているのは、その魅力・人気が確固たるものだからこそに他なりません。
一過性のブームというよりは、常にダウンジャケットの王道であり続けるモンクレール。大人のワードローブに、一着は持っておきたいところです。

偽物には最大限注意を払いながら、ご自分の好みに合ったモンクレールを探してみては。

 
 

最新の買取実績(2017年11月21日時点)

MONCLERの買取強化商品

MONCLERの中でも特に高価買取が期待できる商品の一部をご案内いたします。

K2 SPECIAL

現在では廃盤となっているモデル“K2”に無数のワッペンが取り付けられた稀少なモデル『K2 SPECIAL』。生産数が少なく、中古市場でも高額で取引されているため高価買い取りさせていただきます。

GABERIC

MONCLERの中でも珍しいレザーのダウンジャケット『GABERIC』。定価も40万オーバーの高額なお品でしたが、木村拓哉さんが着用したことで話題となり即日完売となった人気のモデルです。

CHATEAUBRIANT

内側に身頃がラビットファー仕様のラグジュアリーなモデル『CHATEAUBRIANT 』。生産数が非常に少ないモデルのため高価買取が期待出来ます。

ERAULT

ファッション紙にも掲載され、非常に人気が高かったモデル『ERAULT』。上品なウール生地のカモフラージュ柄がタウンユースとして最適な一着です。高価買い取りさせていただきます。

BEAUMONT

2013年に発売された人気モデル『BEAUMONT』。当時、雑誌にも掲載されすぐに完売となってしまったアイテムです。コンディションのいいものは高価買取させていただきます。

コラボレーションライン

MONCLERはこれまでに数多くのブランドとコラボレーションしてきました。特にmaster mind JAPANとのコレボレーションは生産数が少なく、人気が非常に高いため、高価買取が予想されます。

MONCLER買取のポイント

新品の買取り額が高いのは当然ですが、 そうでない小物も以下のポイントを押さえると査定額が上がります!

1. ポイントはお手入れ

いくら流行の品やブランド品であっても、汚れていると査定額は下がってしまいます。MONCLERのアイテムでも買取りにおいて、見た目はとても大切なポイントです。

2. 今期物&近年の商品、有名芸能人やモデル着用の衣類、雑誌掲載の注目商品

購入してから、早ければ早いほど査定額が高くなります。 現在流行っている・有名人が身に着けているなど、人気のアイテムやブランドは、 もちろん買い取り価格も高くなります。

3. 箱等の付属品が揃っている

上記のほか、保証書・証明書、バッグの場合は保管用の布袋など… 付属品があることも査定アップの重要ポイントです。

MONCLERの買取お見積りはこちらから







携帯キャリアメールアドレスをご入力される場合は、事前に「@modescape.com」のメールを受信できるように設定してください










携帯キャリアメールアドレスをご入力される場合は、事前に「@modescape.com」のメールを受信できるように設定してください













閉じる

買取のご相談は、電話・
メール・ご来店で受付しています。

お電話でのご相談

0120-298-781

メールでのご相談

フォームでの買取お申込
閉じる