ブランド古着買取/販売のMODESCAPE
買取相談ダイヤル
0120-298-781
買取お申込
いますぐ
かんたん
お見積り

Snow Peak

Snow Peak / スノーピークの買い取りなら業界トップクラスの高額買取を目指すモードスケープにお任せ下さい!

スノーピーク(Snow Peak.Inc)は新潟県三条市に本社を置く、日本の総合アウトドアメーカー。

世界に先駆けてオートキャンプという概念を確立し、創業から一貫して「自らもユーザーである」という理念のもと、革新的で高品質なアウトドア用品を世に送り出してきました。

人気ブランドのため、買取価格も高額が期待できます。「スノーピークのキャンプ道具を揃えたけど、転勤や家族の事情でキャンプに行く機会が減り、用具を手放したい」という方は、是非一度お見積させてください。

 

せっかくですので、このページでは、スノーピークの魅力や特徴、代表的アイテムをご紹介致します。

 

会社としての特徴

創業者自身がアウトドアマンだった

スノーピークの歴史は古く、前身の金物店の創業は1960年代にまで遡ります。

社長の山井幸雄氏が趣味であった登山を楽しむのに当たり、当時販売されていた用品のラインナップに満足できず、「自分が使いたいと思う登山用品」の開発に乗り出します。

その後、本格的にアウトドア用品メーカーとして業態を改め、1980年代に山井社長の長男の山井太氏が入社し、キャンプ用品の開発などを開始。同じ頃、日本ではレジャー需要の拡大もあり、順調に事業拡大を進めます。

1996年には、山井太氏が社長に就任し、社名をスノーピークと改称したのです。

 

社員に受け継がれるアウトドア好きの魂

「自身がユーザーである」としているだけあって、創業した山井幸雄氏がアウトドア好きだったんですね。

それは、現社長の山井太氏はもちろん社員にも受け継がれており、スノーピークのほとんどの社員は一年に20~30泊ほどキャンプ場で過ごすそうです。

社員がアウトドアを心から楽しんでいる、つまり「自らもユーザーである」ため、消費者を満足させる製品が生み出せるようです。

しかも、スノーピークの製品はすべて永久保証付き。経年劣化や過失以外で製品が破損した場合は、修理などのサービスを受けることができます。

 

本社に隣接したキャンプ場

スノーピークの本社は新潟県三条市。本社の敷地には、工場やオートキャンプ場が含まれます。

社員にとっては、平日でも仕事が終わると隣のキャンプ場にテントを張り、そこで寝て翌日出社してくるなんてことも珍しくないそうです。

また、一般のユーザーもこのキャンプ場に宿泊することができ、好評のようです。

なんでも、キャンプを始めたいという初心者のユーザーが手ぶらで行って、必要な道具やテント設営などを社員に指導してもらいながらキャンプ体験できるサービスもあるんだとか。

キャンプにまつわる製品を開発するだけでなく、キャンプを普及することによって、極度にストレスのかかった現代人に自然と触れる機会を作り、人々の心を豊かにする活動を行っているんですね。

出典:https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja/

 

スノーピークの代表的な製品

キャンプ用品

日本のアウトドア用品市場をリードするブランドだけあって、数々の名作があります。特に、テント類は初心者からキャンプ好きの信頼を得るアイテムが多数。値段も相場から言えば比較的リーズナブルで、手に入れやすいのも魅力的です。もちろん永久保証付きで、万が一通常の使用による破損があれば、メーカーによる修理が受けられます。

 

テント

アメニティドーム M 【5人用】 ¥32,800-(税別)
出典:https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja/

5人用サイズで3万円ちょっとと低価格ながら、スノーピークの機能性が詰まったブランドの大定番。

女性でも設営が容易で、小さな子供を抱えての出入りもしやすい入り口など、初心者にもおすすめなテントです。

 

タープ

アメニティタープ L 【6人用】 ¥26,800-(税別)
出典:https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja/

タープを組み立てるためのペグやポールがセットになったエントリーモデル。

耐久性にも優れ、長く使えるので初めてのキャンプでこれを買ってベテランになっても使っている人も多いタープです。

 

チェア

ガーデンローチェア30 ブラック ¥23,700-(税別)
出典:https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja/

座面が低く、ソファーのような安定感があるローチェア。

1680デニールの分厚い生地が、アウトドアシーンでもリラックスを約束します。

 

アパレルライン

以前はアウトドアメーカーとして、アウトドア用品に強みのある企業のイメージが強かったスノーピークですが、キャンプの普及を促進することを標榜してからは、アパレルの開発にも注力しています。キャンプシーンに最適な機能性がありながら、都会での着用でも見栄えするデザインも魅力。アーバンアウトドアスタイルには欠かせないオシャレなアイテムは、キャンパーのみならず注目したいところです。

 

ポンチョ

レイン & ウィンドレジスタントポンチョ ベージュ/ブラック/オリーブ ¥32,000-(税別)
出典:https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja/

耐久撥水コーティングを施したオーバーポンチョ。

バックパックを背負ったまま着用できるゆとりがあり、特殊なドローウェビング構造は、バックの形状にフィットしながらサイズ調節可能です。

また、フロントポケットは中に着たインナーのポケットにダイレクトにアクセスできるスルーポケットになっており、利便性も抜群です。

 

タキビパンツ

タキビパンツ ブラウン/オリーブ/ブラック ¥24,000-(税別)
出典:https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja/

難燃性、耐久性に優れた、名前の通り焚き火を楽しむのに最適なパンツ。

ハンマーループや大きめのポケットが、アウトドアシーンで活躍します。

 

エプロン

トゥルーオーガニックエプロン ナチュラル ¥26,000-(税別)
出典:https://ec.snowpeak.co.jp/snowpeak/ja/

栽培工程から生地になるまでにも化学染料や薬品を使用せず、本物のオーガニックにこだわった生地を使用したエプロン。

着色していない素材そのままの、まさにナチュラルなカラーが素朴で、長く使って経年変化も楽しめます。

さすがキャンプにこだわったブランドだけあって、キャンプ中の料理で使いたいエプロンまでリリースしているところには頭が下がります。

 

 

スノーピークのコダワリを体感しましょう!

日本の老舗アウトドアブランドであるスノーピークですから、品質は言わずもがなですが、そうは言ってもネットでの購入は躊躇するという方もいるかもしれません。でもスノーピークなら、全国各地に直営店を22店舗持つほか、北海道、新潟、大阪、大分の4箇所にキャンプフィールドを展開しているため、実際に製品に触れられる場所が豊富にあります。

直営店には、スノーピークマイスターという、ブランドの知識が豊富なのはもちろん製品を日常へ取り込む提案のできるスペシャリストが常駐しています。また、キャンプフィールドでは、スノーピークの製品をレンタルでき、実際に使って購入を検討することができます。

こうした、ユーザーが安心して買い物ができる取り組みも非常に好感が持てますね。

 

 

 

以上、今回はスノーピークについてご紹介しました。

ご不要なスノーピーク製品をお持ちの方は、ぜひ一度、お見積させてください。

 

最新の買取実績(2018年4月20日時点)

買取実績は登録されていません。

Snow Peak買取のポイント

新品の買取り額が高いのは当然ですが、 そうでない小物も以下のポイントを押さえると査定額が上がります!

1. ポイントはお手入れ

スノーピークの製品はほとんどがアウトドア用品ですので、タフに使用されることも多いと思います。ですが、使用感があってもお手入れが行き届いていると高い買取額を付けやすいです。落としきれない汚れやダメージは仕方ないですが、なるべく使用後についた汚れなどはすぐに落としましょう。

 

2. 定番商品

上記でもご紹介したような、アメニティドームなどの定番アイテムは、中古相場が安定しているため高額買取を期待できます。

3. 箱等の付属品が揃っている

上記のほか、保証書・証明書、バッグの場合は保管用の布袋など… 付属品があることも査定アップの重要ポイントです。

Snow Peakの買取お見積りはこちらから







携帯キャリアメールアドレスをご入力される場合は、事前に「@modescape.com」のメールを受信できるように設定してください










携帯キャリアメールアドレスをご入力される場合は、事前に「@modescape.com」のメールを受信できるように設定してください













閉じる

買取のご相談は、電話・
メール・ご来店で受付しています。

お電話でのご相談

0120-298-781

メールでのご相談

フォームでの買取お申込
閉じる