ブランド服 買取 モードスケープ
買取相談ダイヤル
0120-298-781
買取お申込

謎めいたブランド、UNUSED(アンユーズド)の魅力

2018年3月22日

謎めいたブランド、UNUSED(アンユーズド)の魅力

有力セレクトショップや百貨店での取り扱いも増え、その存在が知れ渡った感のあるアンユーズド。

ドメスティックブランドの中でも多くの認知を得ながら、デザイナーがメディアに出ることがなく、コレクションもルックの発表にとどめているため、ブランド名は知りながらこのブランドのことをよく知らないという方も多いでしょう。

 

この記事では、そんなアンユーズドの魅力と特徴について、知りうる限り語ってみたいと思います。

 

古着でありそうだけど、古着にはない服

アンユーズドのデザイナーは、名前も顔も非公表ですが、いくつかのメディアにブランドコンセプトや服作りに対する想いを語っています。

そんな発言の一つに「古着は好きだが、ブランドをやっていく上で古着を作るつもりはまったくない」という言葉があり、デザイナーが古着好きであるところを示唆しています。

確かにアンユーズドのアイテムには、ちょっと見には古着っぽく見える、ミリタリーの服やデニムが各シーズンにラインナップされています。

しかし、そのどれもが古着っぽく見えるけれど、古着で探しても決して見つからない服です。

 

 

例えばこちらのモッズコート。

モッズコートと言えば古着でも定番で、多くのブランドがミリタリー古着のものをベースにしたモッズコートをリリースしています。

だいたいどこのブランドでも、現代的なサイジングに直し、タウンユースでも映えるような洗練されたモッズコートに仕上げがち。

 

ですが、このアンユーズドのモッズコートはどうでしょう。

身体に寄り添わないラフなシルエットに落ち気味の肩の縫い目と、古着のモッズコートに近いような、言わば野暮ったいサイジングです。

しかしながら、古着のモッズコートは、通常防寒のために襟を高くしてフードを付け、フードの首元を閉じられるマジックテープなどが配されているのが定番な一方、アンユーズドのモッズコートは、低い襟に一つボタンを付けただけと非常にコンパクトな襟元にしています。

たったこれだけの襟の違いで、野暮ったさと軽快さの同居する、なんとも都会的な、でも決してキメすぎていないモッズコートに仕上がっています。

こんな佇まいの服は、他のブランドでも古着でも探すことは難しいでしょう。

 

2色のタグが意味するところ

アンユーズドには2種類のブランドタグがあり、それぞれ意味があります。

白タグ=WHITE LABEL

白いタグは、製品洗いが施された製品。

アンユーズドと言えば、絶妙な色落ちのデニムや風合いの良い洗いのかかったコットンなどを得意としていますが、それらのアイテムには白タグが付いています。

 

黒タグ=BLACK LABEL

黒タグは、製品洗いがかけられていない製品。

ベーシックなニットやカットソー、リジッドデニムなどには黒タグが付けられています。

 

古着好きのデザイナーだけあって、白タグの製品には古着のような加工を施されたものも多く、リアルで味のある加工なのに古着にはないシルエットや素材感が評判です。

一方黒タグは、斬新ながらも長く楽しめそうなアイテムがラインナップされており、自分で古着にしていく服と呼びたい仕上がりです。

 

生涯保証付き

今まで無かったようなデザインや、どこか懐かしいけど今っぽいアイテムなどを展開することで好評を得るアンユーズドですが、もう一つ、ブランドとして大きな特徴を持っています。

それは、新品で購入した製品には「生涯保証」が付いているという点です。

通常の使用で破損が生じた場合には、販売店を通してブランドにリペアを依頼できます。

一部の高級メゾンブランドなどには見られるサービスですが、インディペンデントなドメスティックブランドがこうしたサービスを展開しているのはかなり珍しい例ではないでしょうか。

アンユーズドの、洋服作りに対する気概が窺える点です。

 

メンズ/レディースを統一

アンユーズドは、2016年にメンズとレディースのデザインを統一しました。

ルックには男女のモデルが登場していますが、全てのアイテムがユニセックス展開になっています。

サイズは00~4までと幅広く、小柄な女性も大柄な男性も着用可能です。

 

確かにもともとアンユーズドの服は、女性が着ても男性が着てもしっくりくるアイテムばかりなので、合理的な選択だったかもしれません。

 

 

 

今回ご紹介した程度では、アンユーズドの魅力や特徴はお伝えしきれません。

今では1LDKをはじめ、ユナイテッドアローズなどの大手セレクトショップでも取り扱いがあります。是非一度、アンユーズドの服に袖を通してみてはいかがでしょうか。

 

 

この記事を書いた人

modescape

ブランド古着のモードスケープです。トレンドから過去の名作まで、ワクワクするブランドアイテムを販売・買取しています。また、弊社メディア『モードスケープマグ』では、ファッションに関する様々な記事・コラムを配信します。

この人が書いた最新記事

閉じる

買取のご相談は、電話・
メール・ご来店で受付しています。

お電話でのご相談

0120-298-781

メールでのご相談

フォームでの買取お申込
閉じる
LINE
見積
見積
依頼
出張
買取
宅配
買取