モードスケープ | ブランド古着買取の専門店
買取相談ダイヤル
0120-298-781
買取お申込

生地作りからはじまるCIOTA。スビンコットンやおすすめアイテムを紹介

2022年3月31日

生地作りからはじまるCIOTA。スビンコットンやおすすめアイテムを紹介

生地作りからはじまるCIOTA。スビンコットンやおすすめアイテムを紹介

デニム綿産地である岡山から世界に向けてアイテムを発表するCIOTA。SHIPSやURBAN RESEACHなどとコラボしていることでも話題になっています。ブランドアイコンとされているデニムは、シルエットや爽やかな染め色が美しいですよね。この記事では、現在のアイテムに繋がるブランドの成り立ちやアイテムへのこだわりについて解説します。CIOTAのアイテムも紹介していますので、購入を考えている方は参考にしてみてください。

CIOTAとは

2019年に誕生したCIOTAは、岡山で半世紀に渡ってデニムを作り続けている縫製工場を生産背景にもつブランドです。CIOTAを手掛ける株式会社シオタは生地作りから縫製まで全て自社で行っています。デザイナーはアパレル業界に長く関わっている荒澤正和が務めており、デニムをキーアイテムにメンズ・ウィメンズ共に展開しています。

CIOTAのコンセプト

CIOTAのコンセプトは「シンプルであること、着心地がよいこと、上質であること。」コンセプトを実現させるために、洋服を作る工程を自社で行い、その工程の全てにこだわっています。デザインは流行を追うのではなく、生地を活かすことを第一し、シンプルなデザインにすることで生地を引き立てています。生地へのこだわりが強く、最高の素材を使っているCIOTAのアイテムは着心地にも定評があります。

CIOTAとは

「CIOTA」と「SHIOTA」の違いについて

株式会社シオタのファクトリーブランドであるCIOTA。CIOTAについて調べていくと、SHIOTAという表記も目に入ってきます。CIOTAとSHIOTAは共に株式会社シオタが運営するブランドです。事業内容によって表記は異なり、株式会社シオタの歴史に関わります。それぞれ詳しく解説しますので、みていきましょう。

株式会社シオタ

株式会社シオタはCIOTAとSHIOTAを運営している会社です。株式会社シオタの代表の義理の父が塩田被服興業株式会社という縫製工場を運営しており、その意思を次いで会社名を定めました。塩田被服興業株式会社では工場機能のみとなっており、製造準備等のコントロールを株式会社シオタで行っています。

オリジナルブランド表記「CIOTA」

CIOTAは株式会社シオタのファクトリーブランドです。株式会社シオタの強みであるデニムやワークウェアの縫製技術を活かせるようなブランドとして方向性を定めています。デニムを長く手掛けてきたため、こだわりが強く、1シーズン目からデニムに注目が集まりました。全ての生地をオリジナルで作っており、デニムは見た目と着心地の両方に力を注いでいます。

OEM事業や生産販売業務などの部門「SHIOTA]

SHIOTAは株式会社シオタに属しており、CIOTAのOEM事業や生産販売業務などの部門を担当しています。2021年8月にはSHIOTA表記で初めて他ブランドであるアーバンリサーチとコラボレーションアイテムを発売しました。

CIOTAが採用するスビンコットンについて

CIOTAは全てのアイテムを生地作りから始めているブランドです。CIOTAが特にこだわっているのがコットンです。CIOTAのコットンは全てスビンコットンが使われており、スビンコットンを理解してアイテムに起用しているのがCIOTAの強みでもあります。スビンコットンとはどのような生地なのか、特徴や魅力を解説します。

CIOTAが採用するスビンコットンについて

スビンコットンってどんなコットン?

スビンコットンはインド南部のみ生産された綿を使っています。繊維の宝石とよばれるシーアイランド綿とスジャータ綿を掛け合わせた超長綿です。世界の綿の生産量の中でも数パーセントしか収穫できません。一般的な綿花に比べて生育期間が長いため、災害リスクが高く、生育条件も厳しいのが理由です。長きにわたって生育条件を整えながら手間暇かけて栽培した綿花のため、丈夫で繊細な美しさを実現させることができています。

スビンコットンの特徴

繊維長は38-40 mmの長さの超長綿で強度があるのが特徴のひとつ。長いだけではなく、繊維が細いため、生地にするとふんわりと柔らかく繊細で滑らかに。綿自体に油分を含んでいるので肌触りも良いのがポイント。天然のツヤ感や風合いからカシミヤやシルクに例えられることもある素材です。

代表アイテム

材料選びから縫製までこだわって作られたCIOTAのアイテムの中から特におすすめなアイテムを4つ紹介します。CIOTAのアイテムを購入してみたい方や他のアイテムとも合わせやすいシンプルなアイテムを探している方はぜひ参考にしてみてください。

スビンコットンナイロンツイルMA-1フライトジャケット

スビンコットンナイロンツイルMA-1フライトジャケット

スビンコットンとナイロンを綾織りにしたことで、機能性とデザインの両面を最適化したMA-1です。アメリカのフライトジャケットから構想を得ていて、身頃やアームホールはゆったりと作られています。重ね着をしても着ぶくれすることがありません。着丈がスッキリとしているため、ルーズな印象になることなくバランスよく着こなせます。リブにウールを使っていたり、軽量で保温性の高い中綿をいれていたり、細かい部分までこだわって作られているのが魅力のアイテムです。

TYPEWRITER TIELOCKEN COAT コットンタイロッケンコート

TYPEWRITER TIELOCKEN COAT コットンタイロッケンコート

タイロッケンコートは腰元のベルトで開閉する伝統的なミリタリーコートの一種。CIOTAの代名詞でもあるスビンコットンを贅沢に使用しています。上品なツヤ感とハリは、コートにシワできたシワもアクセントに。非常に軽量でサラッと羽織るのに最適です。裾に向かってきれいなAラインを描くきれいなシルエットを一度ぜひ体験してみてください。

スビンコットン吊り裏毛スウェット

スビンコットン吊り裏毛スウェット

90年代のアメリカ古着から着想を得てつくられたスウェット。裏毛は上糸、中糸、下糸からなる3層の糸を繋ぎ合わせた構造となっており、全てスビンコットンが使われています。リブ部分もスビンコットンを使用。肉厚な裏毛スウェットでごわごわしない優しいタッチが魅力です。サイズ感はゆったりとしていますが、表面がハリのある作りとなっているため、どんな雰囲気のアイテムとも相性が良いのも嬉しいポイント。

Suvin Cotton Denim Pants スビンコットンデニムパンツ

Suvin Cotton Denim Pants スビンコットンデニムパンツ

デザイナーの荒澤自らブランドのアイコンと呼ぶアイテムです。全てスビンコットンが使われており、履き心地の良さとオーセンティックな趣きを兼ね備えています。ゴワゴワとしがちなデニムの素材感を柔らかくて履き心地の良いものに変えたいという思いから誕生しているCIOTAのデニム。デニム特有の色の出し方にも特徴があり、天然の本藍を使った藍染め・キレイな色落ちを実現するロープ染色を行っています。CIOTAの究極のデニムに一度足を通してみてください。

まとめ

CIOTAは工場の技術を継承しながら、ブランドの強みを高めています。最高級の素材を使用して作った生地の特性を活かした服作りは、デザインと着心地を両立させていますね。

代名詞でもあるスビンコットンで作られたデニムは色合いも絶妙です。ゴワゴワしない肌馴染みの良いデニムは、一度履いたら忘れられないアイテムになるでしょう。この記事で紹介したものを参考に、CIOTAのアイテムを選んでみてくださいね。

CIOTA 買取強化中!

MODESCAPEでは、CIOTAの買取を強化しています。スビンコットンを用いたコートやブルゾン、スウェットなど雰囲気のあるCIOTAのアイテム一つ一つの価値を理解し適正な査定をいたします。お買い取りをご検討の際は、お気軽にご相談ください。
CIOTAの買取について

この記事を書いた人

modescape

ブランド古着のモードスケープです。トレンドから過去の名作まで、ワクワクするブランドアイテムを販売・買取しています。また、弊社メディア『モードスケープマグ』では、ファッションに関する様々な記事・コラムを配信します。

この人が書いた最新記事

閉じる

買取のご相談は、電話・
メール・ご来店で受付しています。

お電話でのご相談

0120-298-781

メールでのご相談

フォームでの買取お申込
閉じる
LINE
見積
見積
依頼
出張
買取
宅配
買取