モードスケープ | ブランド古着買取の専門店
買取相談ダイヤル
0120-298-781
買取お申込

今っぽさと定番が共存するGraphpaperの魅力を紹介。タグの見方も解説

今っぽさと定番が共存するGraphpaperの魅力を紹介。タグの見方も解説

今っぽさと定番が共存するGraphpaperの魅力を紹介。タグの見方も解説

大人の男性から莫大な人気を得ているGraphpaper。シンプルでスタンダードなアイテムでありながらも、着心地の良さやシルエット、デザイン製の高さに魅せられます。アイテムだけではなく、ショップでの見せ方にもこだわっており、作品としても素晴らしい洋服がディスプレイに並んでいます。ブランドの歴史やセレクトショップについても紹介しながら、洗練されたアイテムたちの魅力はどこにあるのかを解説していきます。

Graphpaperとは?

Graphpaperとは?

Graphpaperはクリエイティブディレクターの南貴之が設立したブランドです。2015年に東京・青山にコンセプトショップをオープンさせました。2016年春夏コレクションからブランドがスタートしています。南貴之は1LDKやカンナビスなどを手掛けており、コンセプトショップ設立当初から注目を集めていました。後から解説しますが、ブランドとしてのGraphpaperは、セレクトショップのオリジナルブランドというわけではありません。まずは、Graphpaperのコンセプトから見ていきましょう。

Graphpaperのコンセプト

Graphpaperのコンセプトを一文で表現すると、「常に時代のスタンダードであり続ける大人のための上質なワードローブ」といえるでしょう。Graphpaperは、素材感と仕立てにこだわって作られたシンプルなアイテムを揃えています。スタンダードなアイテムでありながら今っぽさを感じさせるのが特徴。

ブランドによっては、シーズンごとにテーマを設定し、全く同じアイテムが手に入らないこともありますが、Graphpaperは定番アイテムを継続して打ち出しています。スタンダードで上質なアイテムを長く着たい方や大人のためのおしゃれな普段着を求めている方にぴったりのブランドです。

直営店はギャラリー型セレクトショップ

ショップであるGraphpaperはアイテムの見せ方に非常にこだわって設計されています。質にこだわって作られたアイテムをいかに際立たせるかを計算したユニークなディスプレイは、美術品の展覧会を企画するハラルド・ゼーマンの設計にヒントを得ています。店舗のデザインや取り扱い店舗について紹介していきます。

直営店はギャラリー型セレクトショップ
出典 graphpaper-tokyo.com/

ブランド名の由来と直営店舗のデザイン

冒頭でも記載した通り、ブランドとしてのGraphpaperは、ショップとしてのGraphpaperとは別物です。もともと南貴之の会社でプレスルームとして使用していた場所からスタートしたショップ。ショップの場所を見た時に方眼紙のようだという感想をもったことから、Graphpaperという名前が付けられました。ブランド名を考えた時には良い名前が浮かばず、ショップと同じ名前が付けられたという経緯があります。ブランド名にはこだわらず、アイテムの質を重視する南貴之のこだわりがここにも反映されています。

Graphpaperの直営店舗は、ギャラリーとしての機能をもつキュレーション型のコンセプトショップです。ショップ内のアイテムは「作品」として並べられ、壁面に設置された黒のキャンバスが作品を際立たせるような設計です。黒いキャンバスを手前に引くと作品を見ることができるようになっています。余計な視覚的要素を排除し、作品に集中できるようなディスプレイを作り上げました。シンメトリーな空間で「アイテムを見せる」ことに、とことんこだわった空間となっています。

Graphpaper取扱店舗

Graphpaper AOYAMA(直営店)
Graphpaper KYOTO(直営店)
Graphpaper SENDAI(直営店)
BEAMS JAPAN
L’ECHOPPE
伊勢丹新宿店メンズ館
THE GROUND depot.
BRIDGEなど

出典 graphpaper-tokyo.com

Graphpaperの商品の特徴

トレンド感のある定番アイテムを作り続けるGraphpaperは、「デザイン」・「シルエット」・「素材」がキーポイント。全ての要素が繋がっており、3つのポイントにこだわってアイテムが作られています。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

Graphpaperの商品の特徴

シンプルながらもどこか遊び心のきいたデザイン

Graphpaperのアイテムはシンプルなだけではありません。遊び心が感じられるデザインが大人の男性から愛用されるポイントです。ポケットやパンツのウエスト周りのデザインなど、それぞれのアイテムに他とは異なる魅力があります。

例えば、人気の「オーバーサイズレギュラーカラーシャツ」は胸ポケットが少し低めの位置にデザインされており、全体のバランスを整えています。また、定番アイテムでもある「シェフパンツ」はフランスのシェフが履いているようなベルクロとゴムで留める仕様となっています。スタンダードなアイテムの一部に遊び心を取り入れるのがGraphpaper。

ゆったりとした着心地の良いシルエット

Graphpaperのアイテムは、着心地の良さにも定評があります。着心地が良いと感じられるポイントのひとつが、ゆったりとしたシルエット。シャツやパンツ、アウターなど全てに置いて少しゆったりとしたサイズ感となっています。ゆったりとしたアイテムは、パジャマのようにダボっとして見えがちですが、Graphpaperのアイテムはシルエットが計算されています。

「COOK PANTS」は、ウエストを絞って調節できるだけではなく、テーパードがかかっており野暮ったくない、きれいなシルエットで着用できます。「オーバーサイズレギュラーカラーシャツ」は、ドレープ感がきれいに出るようになっており、アウターとしても着られます。

こだわりのある素材や生地

デザインを際立たせ、美しいシルエットを作るのに欠かせない要素が素材です。Graphpaperは全てのアイテムの素材に非常に気を配っており、生地を活かしたアイテムを生み出しています。

例を挙げると、ハリ・コシがありながら滑らかな肌触りの上質なスーピマコットンをパンツに使用することで、パリッとしたシルエットと履き心地の良さを両立させています。高級ベッドシーツにも使用されている超長綿系の細番手で織り上げたブロードクロス使用したシャツは、光沢感のある一枚で様になるアイテムです。

タグの品番からわかるシーズンについて

Graphpaperのアイテムには、品番が記載されたブランドタグが付けられています。発売年やシーズンを確認するためには、タグの「NO」の部分を見ていきましょう。

タグの品番からわかるシーズンについて

最初の英字はラインを表しており、GはGraphpaperの頭文字です。2文字目はM(メンズ)、L(レディース)、U(ユニセックス)の3種類を表しています。

次に並ぶ数字3つからシーズンを判定することができます。3つの数字のうち最初の二つが発売の年式を表します。例えば、「21」という記載があれば、「2021年」に発売されたものだということです。3つ目の数字は、シーズンを表しており、1、2=Spring&Summer、3、4=Autumn&Winterだと言われています。シーズンについては公式から発表されている情報ではないため、あくまで推測となります。

タグを確認することで、発売された時期が大まかに確認できるため、気になる方はチェックしてみてくださいね。

まとめ

Graphpaperは上質な素材を活かしたシルエットや遊び心あるデザインで大人の男性にもおすすめです。普段着としてもとっておきの場面にも活躍するアイテムを取り揃えています。アイテムの魅力を存分に感じられるディスプレイが並んだショップにも、機会があれば足を運んでみると楽しめますよ。

Graphpaperは積極的にコラボや別注アイテムを展開しています。次回はコラボや別注アイテムをご紹介しますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

Graphpaper 買取強化中!

MODESCAPEでは、Graphpaperの買取を強化しています。Graphpaperはオリジナルからコラボ・別注まで、発売後に即完売するアイテムが多数存在し、中古市場でも需要の高いブランドです。Graphpaperのアイテム一つ一つの価値を理解し適正な査定をいたします。お買い取りをご検討の際は、お気軽にご相談ください。
Graphpaperの買取について

この記事を書いた人

modescape

ブランド古着のモードスケープです。トレンドから過去の名作まで、ワクワクするブランドアイテムを販売・買取しています。また、弊社メディア『モードスケープマグ』では、ファッションに関する様々な記事・コラムを配信します。

この人が書いた最新記事

閉じる

買取のご相談は、電話・
メール・ご来店で受付しています。

お電話でのご相談

0120-298-781

メールでのご相談

フォームでの買取お申込
閉じる
LINE
見積
見積
依頼
出張
買取
宅配
買取