ブランド服 買取 モードスケープ
買取相談ダイヤル
0120-298-781
買取お申込

数々のスターが愛した、OLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)の歴史

2018年3月17日

数々のスターが愛した、OLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)の歴史

クラシックな佇まいのメガネを多く世におくりだし、群を抜く人気を誇るオリバーピープルズ。
ヴィンテージアイウェアの深い研究から生み出されるプロダクトの数々は、メガネを単なる視力矯正具でなく、ファッションアイテムに昇華させました。

craftsmanship-web-lookbook_31
出典:http://oliverpeoples.jp/

オリバーピープルズの歴史

オリバーピープルズは、1987年にロサンゼルスで創業しました。創業者でありクリエイティブディレクターのラリー・レイトが育ったカリフォルニアは、アメリカでも有数のクリエイティブな地域。アップルコンピューターやグーグルが拠点を置き、ハリウッドのお膝元でもあります。創業して早くから、アーティストやハリウッドスターに愛されていたのは、そんなクリエイティブな雰囲気がオリバーピープルズのアイウェアに反映されていたからかもしれません。カリフォルニアで生まれ育ったラリーは、自由でクリエイティブな職業に付くことを志し、検眼士であった親友の支援を得て眼鏡士の資格を取得し、アイウェアの世界に足を踏み入れます。メガネを制作するに当たり、競売で大量のヴィンテージメガネを仕入れ、最初のコレクションはそれらから着想を得たメガネを作ります。
仕入れたヴィンテージのメガネには、1980年代後半に主流だった直線的なフレームとは全く異なり、繊細な細工と自然な色彩のべっ甲など、古いものにも関わらずとても新鮮なものばかりでした。OLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)のブランド名は、大量の仕入れの中にあった、パッケージ付きの新品のメガネに紛れ込んでいた受領書に記されたサインから、ヴィンテージに敬愛を込めて名付けました。

今でこそヴィンテージをソースとしたメガネは様々なブランドが出していますが、当時、オリバーピープルズが復活させたヴィンテージの魅力は、それまで無かったもので、メガネのファッションとしての価値を高め、業界の主流を劇的に変えることになりました。以来、ヴィンテージを基にしたスタイルは、時代に左右されない洗練されたメガネの定番となりました。

オリバーピープルズを付けた有名人たち

オリバーピープルズは、創業当時から、数々のアーティストやミュージシャンに愛されていたことでも有名です。確かに、オリバーのメガネが放つクリエイティブな雰囲気は、クリエイターが頭を抱えながら、或いはタバコでも吹かしながら、作品について思い悩む様にマッチします。
例えば、イギリスのバンド「POLICE(ポリス)」時代のスティング

スティングは定番モデルのOP-505を着用しています。
ポリスのサウンドになくてはならないベーシストでボーカルのスティングは、バンドの活動停止以後も、最も精力的に音楽活動に注力しソロとしても大きな成功を収めました。

また、アベンジャーズなどで有名な、ロバート・ダウニーJrも、若い頃からオリバーを愛用しています。

彼もお気に入りはOP-505。写真は1988年とだいぶ若い頃ですが、映画「デュー・デート」などでもかけている姿を見ることができます。

若い世代だと、ブルーノ・マーズもオリバー愛用者です。

“That’s what I like”のMVで着用していたのは、the Bernardo(バーナード)。
ブルーノといえば様々なシーンでサングラスを着用していますが、オリバーもお気に入りなのですね。

オリバーの定番はこちら

最後に、オリバーピープルズの定番モデルを3つご紹介します。

OP-505

505_dm_00017
出典:http://oliverpeoples.jp/505-dm/

先にご紹介した、スティングらも愛用していたOP-505。
現在発売されているのは、創業当時のデビューコレクションにラインナップされていたアイテムの復刻モデルです。1920~30年代頃のヴィンテージフレームに見られる浮き彫り細工をテンプルやブリッジの金属パーツに施した優美な作りが特徴。しかしながら、ナチュラルな風合いのべっ甲とアンティークゴールドを組み合わせて落ち着いた一本に仕上げました。
ブランドの定番モデルで最も人気なだけあって、モードスケープでも数多くお持ち込みいただきました。毎期マイナーチェンジやパーツチェンジを施した新モデルをリリースしており、ファンを飽きさせないモデルです。

MP-2

mp-2_amt_00056
出典:http://oliverpeoples.jp/mp-2-amt/

往年の名優、アル・パチーノも愛用していたMP-2
やや小ぶりなボストンタイプのフレームが特徴的なMP-2もよくお持ち込み頂きます。ヴィンテージスタイル定番のコンビネーションフレームながら、ノーズパッドがメタルに取り付けられているディティールも持ち、『古き良き時代と現代の融合』というブランドコンセプトを象徴する意欲作です。
インテリジェンス溢れる佇まいのMP-2は、メガネにおけるクラシックブームが冷めやらぬ近年とても人気です。本物のヴィンテージ感を追求するオリバーピープルズのプロダクトの代表作と言えます。

OP-78

1240002025521_1
http://item.rakuten.co.jp/modescape/1-240002025521/

こちらも初期の名作を復刻したモデル。当時のものよりややフレームを大きめに作り、ファッションアイテムとしての存在感を強調しています。しかしながら、メタルフレームは過度に主張しません。テンプルにはべっ甲を採用し、顔の印象を損なわずにクラシカルな雰囲気を加えます。
シンプルを極めたこのモデルはかける人を選ばない汎用性で人気を博しているようです。1950年代にイギリスで無償配給されていたメガネがモデルだそうで、それ故のシンプルさなのでしょう。このモデルを調べることで、メガネが配給されていたという歴史を知った方も多いのでは。

たくさんのお見積り依頼をお待ちしております

モードスケープは、ご紹介した以外にも人気モデルを多数抱えるオリバーピープルズのアイテムをいつでもお待ちしております。
メガネのみならずサングラスももちろん高額でのお見積対象。買取査定させていただければご満足いただける価格をご提示いたします。
手数料などもかからず、着払いによる郵送買取も行っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人

modescape

ブランド古着のモードスケープです。トレンドから過去の名作まで、ワクワクするブランドアイテムを販売・買取しています。また、弊社メディア『モードスケープマグ』では、ファッションに関する様々な記事・コラムを配信します。

この人が書いた最新記事

閉じる

買取のご相談は、電話・
メール・ご来店で受付しています。

お電話でのご相談

0120-298-781

メールでのご相談

フォームでの買取お申込
閉じる
LINE
見積
見積
依頼
出張
買取
宅配
買取