モードスケープ | ブランド古着買取の専門店
買取相談ダイヤル
0120-298-781
買取お申込

カート・コバーン氏が着ていた「モヘアカーディガン」が再注目!

2022年11月26日

カート・コバーン氏が着ていた「モヘアカーディガン」が再注目!

カート・コバーン氏が着ていた「モヘアカーディガン」が再注目!

季節もすっかり冬に近づき、肌寒くなりましたね。冬のインナーといえばニットですが、ニットの種類もウールやモヘア、シャギーなど様々な素材が存在します。特に今年は見た目も着心地も暖かで、モヘア素材がトレンドのひとつとなっています。

ところで、ニルヴァーナというバンドを皆さんご存じですか?ボーカルのカート・コバーン氏はモヘアカーディガンを着用していたことで有名ですよね。この記事では、そんなモヘアカーディガンに着目をし、素材の特徴やモヘアが注目されている背景を解説するとともに、おすすめブランドとアイテムを紹介していきます。

モヘア素材とは?

モヘアとは、アンゴラ山羊の毛から作られた天然繊維です。モヘアは毛足が長く、ふわふわとしたルックスが特徴的ですが、実は機能性の高い素材でもあります。ここでは、モヘアのメリットやデメリットを紹介するとともに、混同されやすいウールとの違いも解説します。

モヘア素材とは?

モヘアの歴史

モヘアは古くから伝わる被毛で、さかのぼると紀元前13世紀にモヘアを記した物が残っていると言われています。約5000年前に遊牧民によってトルコにもたらされ、18世紀の中頃までは、オスマントルコが独占してアンゴラ山羊の飼育や改良を行ってきました。

1838年に南アフリカがアンゴラ山羊の繁殖に成功し、その後アメリカへ輸出されました。原産地と言われるのはトルコですが、アメリカのテキサスで生産されたテキサスモヘアも有名です。長い年月をかけて世界に広がった歴史ある織物の素材がモヘアなのです。

モヘアの特徴

モヘアはアンゴラ山羊の毛から作られる素材です。滑らかで生糸のような光沢があるため見た目も特徴的ですが、通気性・吸湿性に優れているという機能的な面も持ち合わせています。比較的丈夫な繊維ですが、毛が抜けやすく静電気が置きやすいのはデメリットといるでしょう。

昔は、モヘアで編まれた織物が白く輝いていることから、「アイス・ヤーン」と呼ばれていたそうです。生後6ヶ月の山羊からとれたモヘアはキッドモヘアと呼ばれ、柔らかく、艶やかな光沢を持っています。

モヘアとウールの違い

モヘアとウールはどちらも動物の毛を原料としており、混同されがちな素材ですが、見た目や感触が全く異なる素材です。モヘアがアンゴラ山羊の毛を原料とするのに対し、ウールは羊の毛全般を指します。

ウールには、クリンプと呼ばれる縮れた繊維の固まりがあり、温かい空気を含むことで保温性を高めます。モヘアは、もともと繊維が含む空気の量がウールに比べて多く、保温性と吸湿性に優れています。ウールに比べて吸湿性が高いモヘアは、冬だけでなく、春や秋のニットにも用いられます。

そして、毛の表面にも違いがあります。ウールの毛は表面がうろこ状になっていますが、モヘアは表面がツルツルとしているため、触り心地が良く、皮膚への刺激も少ないのが魅力です。


モヘアが注目される理由

モヘアが注目される理由は、有名アーティストであるニルヴァーナのカート・コバーンやリバイバルファッションの流行等が挙げられます。カート・コバーンがモヘアを着用したことで、あまり流行していなかったモヘアが注目を浴びるようになります。

そして、ここ最近のリバイバルブームで、昨今ではさまざまなブランドがモヘアのアイテムを発表するようになっています。ここでは、モヘアが再注目された理由を解説します。

Kurt Cobain
出典 english.elpais.com

カート・コバーン

ニルヴァーナのボーカルであるカート・コバーンがMVやライブなど様々なシーンで着用したことから、彼の代名詞ともなるアイテムのひとつとなり、再注目されました。1990年代初頭に確立された新ジャンル「グランジ」はニルヴァーナを中心にアーティストから派生したムーブメントで、着古したようなアメリカの普段着のようなスタイルを指します。

グランジに欠かせないアイテムがモヘア。肩ひじ張らない力の抜けた印象をもつモヘアはアメリカンカジュアルとの相性が良く、ウールに比べて上質な印象の素材だと人々に知れ渡りました。

80’~90’ファッションの流行

現在のリバイバルブームはまさに、1980~1990年代です。流行の周期は20年と言われており、現在流行しているのは、モヘアが一台ムーブを巻き起こしていた時代のファッションです。1990年代と現代のアイテムとの違いは、サイズ感。ジャストサイズでも悪くはありませんが、昨今のアイテムはリラックス感のあるものが多いため、通常よりもワンサイズ大きいくらいがおすすめです。


おすすめブランドのモヘアアイテム

ここ数年、モヘアのアイテムを作っているブランドは多くありますが、古着の独特な雰囲気を楽しむのもおすすめです。近年、発表されるアイテムとは異なる、古着・ヴィンテージならではの色合いが人気です。ここでは、モヘアアイテムを選ぶ上で、おすすめのブランドとそのアイテムを紹介していきます。

着古したニットをトレードマークとしていたカート・コバーンのように、モヘアアイテムの経年劣化を楽しむのはいかがでしょうか。

NUMBER NINE ナンバーナイン

NUMBER NINEのカート期モヘアカーディガンは、通常通り織ったカーディガンに毛羽立たせるような加工を施しているのがポイント。NUMBER NINEのカート期とは、2003~2004年のコレクションを指します。

NUMBER NINE

ボロボロのジーンズやパジャマなど、カート氏が身につけていたアイコニックなアイテム達が中心となっており、モヘアカーディガンもその中のひとつです。特徴的な毛足の長さをもつモヘアのカーディガンは、柔らかく、着心地が良いのが特徴です。

NUMBER NINE 買取強化中!

MODESCAPEでは、NUMBER NINEの買取を強化しています。アイテム一つ一つの価値を理解し適正な査定をいたします。お買い取りをご検討の際は、お気軽にご相談ください。
NUMBER NINEの買取について

UNUSED アンユーズド

ベーシックだけにとどまらず、+αのデザインをもつ非量産的なアイテムを多く手掛けるUNUSED。7G Mohair Cardiganは、モヘア特有の長い毛足が高級感と温かみを与えます。デザインはベーシックですが、ボリュームがあるため、寒さが強まる真冬に着るのにもぴったり。

UNUSED

毛足の長さを活かし、TOP染めを行うことで、繊維一本一本異なる色をしているような複雑な表情を作り上げています。経年変化を楽しみたい方にもおすすめです。

UNUSED 買取強化中!

MODESCAPEでは、UNUSEDの買取を強化しています。アイテム一つ一つの価値を理解し適正な査定をいたします。お買い取りをご検討の際は、お気軽にご相談ください。
UNUSEDの買取について

stein シュタイン

着た時のシルエットやドレープの美しさを大切にしているstein。オーバーサイズのアイテムが多く、モヘアカーディガンもボリューミーなシルエットに仕上がっています。

STEIN

21AW SUPER KID MOHAIR CARDIGANは、毛の質感を重視して作られており、ウールとモヘアの混合生地に加工を施すことで、毛の動きを出しています。2020年のAWでも同じモデルが展開されていましたが、身幅とアームのボリュームを抑えたシルエットに改良されています。裾にはボタンはついており、開閉することで違ったシルエットが楽しめるので、一枚もっているとコーデの幅が広がりますよ。

stein 買取強化中!

MODESCAPEでは、steinの買取を強化しています。アイテム一つ一つの価値を理解し適正な査定をいたします。お買い取りをご検討の際は、お気軽にご相談ください。
steinの買取について

Needles ニードルス

Needlesはベーシックなアイテムに印象的な色やモチーフを取り入れるのがデザインの特徴です。ヴィンテージのような雰囲気をもちながら、Needlesらしい華やかなデザインのものを次々と発表しています。

Needles

girls don’t cry モヘアカーディガンは、真っ黒なカーディガンに赤のハートや蝶が編まれる、一瞬で目を引くデザインのカーディガンです。普段あまり派手なアイテムを着用しない方でも着やすい色合いベーシックな色合いのため、冬のコーディネートがシンプルになりがちな方は取り入れてみてはいかがでしょうか。

NEEDLES 買取強化中!

MODESCAPEでは、NEEDLESの買取を強化しています。アイテム一つ一つの価値を理解し適正な査定をいたします。お買い取りをご検討の際は、お気軽にご相談ください。
NEEDLESの買取について

our legacy アワーレガシー

飽きのこないベーシックなデザインを追及するブランドであるour legacy。ベーシックな中にミリタリーやストリートなどの要素を入れ込んでいるのが魅力です。

our legacy

細かい色が複数入れられている21aw mohair cardiganは、一枚サラッと羽織るだけでコーディネートの主役になってくれるようなアイテムです。裾にある2つのポケットはレトロでかわいらしい印象をもっていますが、モヘア特有の光沢があり、高級感も感じられるルックスです。

OUR LEGACY 買取強化中!

MODESCAPEでは、OUR LEGACYの買取を強化しています。アイテム一つ一つの価値を理解し適正な査定をいたします。お買い取りをご検討の際は、お気軽にご相談ください。
OUR LEGACYの買取について

WACKO MARIA ワコマリア

色気を感じさせるデザインを多く発信するWACKO MARIA。ミリタリー・ストリート・カジュアルなど、ラフでかっこいいスタイルのアイテムを多く手掛けています。

WACKO MARIA

LEOPARD MOHAIR CARDIGANは、オリジナルな総柄レオパードモヘアを使用したアイテム。モヘヤとレオパードの他では見ない組み合わせのアイテムは、コーディネートを華やかに彩ります。裾や袖がしまったデザインが、カーディガン全体に落ち着いた印象を加えます。

WACKO MARIA 買取強化中!

MODESCAPEでは、WACKO MARIAの買取を強化しています。アイテム一つ一つの価値を理解し適正な査定をいたします。お買い取りをご検討の際は、お気軽にご相談ください。
WACKO MARIAの買取について

モードスケープへお任せください!

最後までお読みいただきありがとうございました。これからの冬にぴったりなモヘアの知識やおすすめのブランドを紹介しました。モヘアはこれから手に入らなくなるかもしれないと騒がれている素材でもあります。2018年に自然保護団体が虐待を公表し、大手衣料品ブランド次々とがモヘアを使用した製品の販売を中止する方針を発表しました。ここ数年は動物や環境に配慮した素材作りも考えられているため、すぐになくなることはないでしょうが、生産数が現象する可能性が充分に考えられます。

モヘアの機能性の良さとルックスは他の素材には代えがたいものなので、モヘアのアイテムが気になっている方は、今のうちに購入するのがおすすめです。今回紹介したブランドやアイテムを参考にしてみてくださいね。

モードスケープでは、今回ご紹介したブランドをお買取強化中です。とりあえず値段だけ聞いて検討したいという場合は、LINE査定などで査定額を見積もることも可能です。お気軽にご相談ください。

宅配買取のお申込み

この記事を書いた人

MODESCAPE

ブランド古着のモードスケープです。トレンドから過去の名作まで、ワクワクするブランドアイテムを販売・買取しています。ファッションに関する様々な記事・コラムを配信しています。

この人が書いた最新記事

閉じる

買取のご相談は、電話・
メール・ご来店で受付しています。

お電話でのご相談

0120-298-781

メールでのご相談

フォームでの買取お申込
閉じる
LINE
見積
見積
依頼
出張
買取
宅配
買取