モードスケープ | ブランド服 買取の専門店
買取相談ダイヤル
0120-298-781
買取お申込

NEW BALANCEの「M992」「2002R」が搭載するテクノロジーをそれぞれ徹底解説します!

2023年2月22日

NEW BALANCEの「M992」「2002R」が搭載するテクノロジーをそれぞれ徹底解説します!

NEW BALANCEの「M992」「2002R」が搭載するテクノロジーをそれぞれ徹底解説します!

ブランド独自のテクノロジーを開発し続けるスニーカーブランド「NEW BALANCE」は、これまで数多くのモデルを展開しています。その中でも誕生してから一度も再販されず、2020年に初めて再販・復刻を果たしたモデル「M992」「2002R」を、皆さんご存知でしょうか?

この2モデルの再登場は大きな話題となり、現在でも発売後は瞬く間に完売するなど、その人気の高さが伺えます。この記事では、「M992」「2002R」それぞれの誕生した背景や搭載されているテクノロジーを解説し、展開モデルの中で特におすすめしたいモデルをご紹介します!

NEW BALANCE独自のテクノロジーを解説

NEW BALANCEの魅力のひとつが、独自に開発されたテクノロジーです。ミッドソールやアウトソール、アッパーなどスニーカーの各部分を研究し、年々新しい技術が開発されています。履き心地や足の力の伝わり方、耐久性などがどんどんアップグレードされているため、購入モデルを選ぶ時にもチェックしたいポイントです。ここでは、「M992」「2002R」に関わる技術を解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

N durance

N ERGY

N ERGYは、2000年代に開発された弾性の素材です。衝撃を吸収すると同時に反発する力もあり、2002Rではミッドソールに使われています。クッション性と耐久性が高く、履き心地の良さや歩きやすさなどを高めてくれる技術です。

ABZORB

ミッドソールに採用されているクッション素材です。着地の衝撃を吸収し、一歩を踏み出す力に変えてくれます。衝撃吸収率はほぼ100%と言われており、2002Rでは、ミッドソールの前足部に使われています。

ABZORB SBS

ABZORBをアップデートしたABZORB SBS。衝撃を吸収し、その力を踏み出す力に変える反発性を飛躍的にアップさせています。耐久性も上がっているため、長時間快適に着用できるのもポイント。

TS2

素材の硬さを段階的に変えるサポートシステムです。内側へ体重が沈み込むのを防ぐため、一歩を踏み出す時の動きをサポートします。

C-CAP

柔軟性と弾力性をもつEVA素材を圧縮成形した素材です。EVA素材に比べるとクッション性や耐久性が大幅に優れており、ミッドソールによく使われます。M992にも搭載されており、加水分解にも強いのが特徴です。

N durance

摩耗に強いラバー素材です。崩れやすい踵を守るプロテクターとして開発されました。アウトソールに採用され、シューズの耐久性を大幅に上げることに貢献しました。

ENCAP

ポリウレタン素材のミッドソールに、衝撃吸収性の高いEVA素材を埋め込んだNEW BALANCEの技術です。EVA素材は、踵の衝撃を効率的に吸収し、ポリウレタン素材は、衝撃吸収性に加えて軽量化に貢献しています。


M992とは?

M992は多くの人から復刻を望まれていたモデルです。ニューバランスが100周年を迎えた際に作られたモデルであり、著名人が愛用したことでも有名です。高級感のあるデザインとボリュームのあるシルエットが特徴的で、復刻したことでその人気が再燃しています。ここでは、M992の歴史や特徴、人気モデルについて紹介していきます。

M992

M992の誕生の歴史

M992は、ニューバランス生誕100周年の2006年に誕生しました。991の後継モデルとしてリリースされています。スニーカー好きの間でも、ニューバランスのスニーカーは人気がありますが、M992はその中でもさらに高い人気を誇ります。そして、スティーブ・ジョブズが愛用したことでも注目を集めました。

2006年に販売された後、一度も再販されていなかったモデルですが、2020年に待望の復刻を遂げました。復刻された現在も手に入れにくく、非常に希少性の高いモデルです。

M992はMade in U.S.A.なのも特徴のひとつ。ニューバランスは世界各地に生産向上を構えていますが、イギリス製とアメリカ製は特に質が高いと言われています。それでは、次にM992がどのようなテクノロジーを搭載しているのかチェックしていきましょう。

多くのテクノロジーを搭載

M992は多くのテクノロジーを採用して作られています。一つ目は、高いクッション性を誇る「ABZORB SBS」。列車を止めるハイテク素材からインスピレーションを受けて作られたABZORBを、さらに改良して作られた素材で、100%の衝撃吸収性と反発性を兼ね備えています。クッションが足の着地の衝撃を吸収し、反発性が踏み出す際の力に変えてくれます。

そして、足をサポートして安定させてくれるのが「TS2」です。バランスをサポートするため、安定した足運びを叶えます。他にも、軽量で加水分解に強い素材である「C-CAP」やミッドソールに使われている「ENCAP」は、優れたクッション性で足を包み込みます。スニーカーの耐久性が気になる方も多いかもしれませんが、アウトソールには摩耗に強い「N durance」のもポイントです。

990番台モデルとの違いとは?

M992は、990番台の中でもレトロでクラシックな印象のルックスです。メインアッパーに上質なピッグスキンスエードが使用されており、メッシュ素材と組み合わさっています。そして、ルックスを語る上で外せないのがNロゴです。990番台にはNロゴが小さいものと大きいものがありますが、M992のNロゴは小さめ。サイドアッパーとシュータンに施されており、控えめなNロゴに惹かれるファンが多くいます。

踵にあるMADE IN U.S.Aロゴは、背景に星条旗がプリントされているのもポイントです。ソールにもボリューム感があり、後継のM993と比較しても全体的に丸みが感じられるバランスとなっています。

そして、ヒールロックはフィット感が抜群。990番台は、特にクッション性の強いものが多くありますが、M992はTS2が採用されていることもあり、安定性の高い履き心地に定評があります。

M922人気モデルの特徴

M992GR

M992GR

M992GRは2020年の復刻モデルで、ニューバランススニーカーの代表ともいえるグレーのモデルです。スティーブ・ジョブズが好んで履いていたのもこのモデル。NEW BALANCEのクラシックなデザインと現代の最新モデルのハイブリット感のあるデザインが非常に熱狂的なファンが存在します。

M992GG

M992GG

M922GGはカラーがネイビーのモデルです。再販された際には即完売、その後一部店舗で再販された際もすぐに売り切れてしまうほどの人気をもっています。スウェードとメッシュ部分でネイビーの発色が違うため色の強弱がポイントです。大人っぽく落ち着いた印象が感じられます。

M992EB

M992EB

M992EBはブラックのモデルです。ブラックとグレーの配色が絶妙で、Nロゴが強調されて見えるのも魅力。カジュアルだけでなく、きっちりしたコーディネートをス二ーカーで外したい時にも活躍します。

M992WT

M992WT

NEW BALANCEとストリートブランドWTAPSがコラボして誕生したM992WT。WTAPSのディレクター西山徹が愛用していた998の要素が随所に盛り込まれています。アッパーには光を反射するリフレクターを配置しており、個性的なモデルに仕上がっています。

M992JJ

M992JJ

カナダのデザインスタジオJJJJOUNDとコラボして作られたのがM992JJです。コンセプトをeverydayとし、履きこまれて味がでたグレーと森の緑からインスピレーションを受けたグリーンの2色展開。ファッションを楽しむ人の週末のお共にぴったりのモデルです。


2002Rについて

2002Rは高い技術と上質な素材で作られたハイエンドモデルです。名作と呼ばれており、こちらも長い間復刻を待たれていました。2002Rの中でも多くのシリーズが出ているため、素材やカラーの違いを楽しむことができます。それでは、オリジナルの2002や人気モデルについても見ていきましょう。

2002R

ベースとなった「2002」とは?

元々はMade in U.S.A.のフラッグシップモデルとして「2002」が2010年に登場しました。ニューバランスの生産工場の中でも最高の技術力を誇る「Super Team 33」によって作られプレミアムなモデルとして、名作と呼ばれます。上質なアッパーの天然皮革やミッドソールのクッション素材N-ergyによって、最上の履き心地を実現させています。アッパーのデザインは、スポーティな要素をもっており、カジュアル感と高級感を併せ持つルックスにも多くのファンが心惹かれるモデルです。

アジア製ハイブリッドモデルとして復刻

2020年に初めて2002が復刻します。2002のアッパーデザインを継承し、ピッグスキンスウェードとメッシュ素材を組み合わせで登場。ソールはオリジナルよりも高い衝撃吸収性・反発性を誇るハイスペックなソールへとアップグレードさせました。ミッドソールは「N ERGY」と「ABZORB」が採用されたソールユニットとなっており、足への負担を軽減し、履き心地の良さを高めています。

アウトソールは摩耗に強い「N durance」を採用、アシンメトリーなデザインとなっています。2002とは異なり、アジア製で手の届きやすい価格となったことで人気を高めました。

2002Rのデザインの特徴

2002のシルエットは、丸みのあるデザインではなく、シャープな印象のある、バランスの良さが特徴。他のモデルと比べて少し小さめのNロゴも上品さがあります。上質なヌバックとメッシュの異素材を組み合わせており、重厚感があるのもポイントです。素材のバリエーションが豊富で、スウェードのモデルや型押し表革のモデルもあり、ハイエンドモデルのような質感が魅力です。様々なシリーズが続々登場しており、モデルによっては価格が高騰しています。

2002R人気モデルの特徴

ML2002RA

ML2002RA

ML2002RAは少しグリーンがかったようなグレーが特徴。ソールはグレートブルーの2色が散りばめられており、爽やかで奥行きのあるカラーデザインとなっています。ヌバック素材のため滑らかな印象で、オールシーズン履いても違和感はないでしょう。

M2002RD

M2002RD

M2002RDのProtection Packはメッシュ素材とピッグスキンスウェードの組み合わせが特徴の人気シリーズです。切りっぱなしのスウェードを使用したヴィンテージ風のデザインが特徴的です。特にダークネイビーは、メッシュ部分がコーディネートに取り入れやすい爽やかなブルーに配色され、人気を集めています。

M2002RXA

M2002RXA

M2002R XA Gore-Tex Magnetha、防水性・防風性・透湿性に優れたGore-Texという特殊素材がライニングに使われています。アッパーはエイジング加工によるヴィンテージ感があり、Gore-Texによってギア感の高いルックスに仕上がっています。

M2002RXH

M2002RXH

ニューバランスとN.HOOLYWOOD 、そしてINVINCIBLEのトリプルコラボとなったモデル。アッパー素材には、Gore-Tex・ヌバック・リフレクター・ヘアリースウェードなど異なる素材を使ってネイビーのグラデーションが表現されています。

M2002RE1/M2002RE1

M2002RE1

ニューバランスとAURALEEとのコラボモデルであるM2002RE1/M2002RE1。ワントーンでありながら、奥行きのある色使いが特徴です。アッパーにはスムースレザー・スウェード・ヌバックなどが使用されており、カラーによって使用する素材が変えられているのがポイントです。


モードスケープでは、NEW BALANCEのお買取を強化しております!

世界中のスニーカー好きから愛されているNEW BALANCE。2020年に復刻され、未だに高い人気を誇る「M992」「2002R」をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。ここ最近は、990V6をはじめ、90/60(ナインティシックスティ)や57/40(フィフティセブンフォーティ)など新モデルも続々登場しているので、今後のNEW BALANCEにも目が離せません。

ニューバランスは、復刻モデルや新モデルが次々に発売されます。そして、モデルによってはリセールバリューが非常に高いため、現在お持ちのモデルを手放すことを考えられる方もいらっしゃると思います。そんな時に、モードスケープにご相談していただければ全力でお力になります。クリーニングやお直しが必要なものでも可能な限り良いお値段をおつけできるように吟味しながらお買取りしております。汚れやダメージがあるものでも、リペアを施して販売することも可能ですので一度ご相談ください。 とりあえず値段だけ聞いて検討したいという場合は、LINE査定などで査定額を見積もることも可能です。お気軽にご相談ください。

宅配買取のお申込み

NEW BALANCEのお買い取り案内ページはこちら

NEW BALANCE 買取強化中!

MODESCAPEでは、NEW BALANCEの買取を強化しています。MODESCAPEでは、NEW BALANCEの買取を強化しています。人気の復刻モデル・限定品など、ニューバランスの価値を見極め適正な査定をいたします。お買い取りをご検討の際は、お気軽にご相談ください。
NEW BALANCEの買取について

この記事を書いた人

MODESCAPE

ブランド古着のモードスケープです。トレンドから過去の名作まで、ワクワクするブランドアイテムを販売・買取しています。ファッションに関する様々な記事・コラムを配信しています。

この人が書いた最新記事

閉じる

買取のご相談は、電話・
メール・ご来店で受付しています。

お電話でのご相談

0120-298-781

メールでのご相談

フォームでの買取お申込
閉じる
LINE
見積
見積
依頼
出張
買取
宅配
買取